関東エリアの港

東京港

港のこと熱く語っちゃいます

東京港

東京港(とうきょうこう)は、東京湾の中にある港の一つです。日本の主要な国際貿易港(五大港)のひとつとされている場所でもあります。ちなみに、五大港は東京港の他に、「横浜港」、「名古屋港」、「大阪港」、「神戸港」となっています。
この東京港は関税法上の開港で、貿易額は名古屋港に次いで国内第2位となっています。しかし1960年代末から世界的なコンテリゼーションの潮流に国内港湾としていち早く対応し、その結果1998年から外貿コンテナ取扱個数では国内首位を維持しています。
1923年(大正12年)9月1日に起こった関東大震災によって港湾設備の重要性が認識され、本格的ふ頭の建設が急きょ実施されました。大正14年に「日の出埠頭」、続いて「芝浦埠頭」、「竹芝ふ頭」の両ふ頭を相次いで完成させたのです。そして1941年(昭和16年)5月、ついに国際港としての東京港がオープンしたのです。日本三大旅客港(東京港、神戸港、北九州港)の一つに数えられています。

2015/03/19 02:41:56